主な出来事と舞台芸術界LONDON2023年1月~

コロナカレンダーLONDON 2023年1月〜

①背景無色=社会の主な出来事、背景薄茶色=舞台芸術界の動き。
②■=メディアによる記事などの二次資料。■が無いものは公式発表等の一次資料
③各事項をクリックすると、リソースの記事や公式発表に移動します。
④英政府による新型コロナウイルス感染拡大防止政策などは基本的にイングランドを対象としています。北アイルランド、スコットランド、ウェールズの各自治政府はそれぞれ独自の政策を打ち出していますが、ここでは市民に特に大きな影響を及ぼすと思われるもののみを取り上げ、どの地域かを明記しています。
⑤劇場関連のニュースは主にロンドンに位置している劇場を取り上げています。
⑥リンク先は誰もが閲覧できるサイトを中心に選んでいますが、なかには登録や購読が必要なサイトもあります。その場合にはその旨を明記しています。
⑦主な出来事および舞台芸術界の動きは目立ったケースを任意に取り上げており、すべてを網羅するものではありません。
⑧当サイトは、時系列で事実関係のリソースを明示し、アーカイブ化することを目的としています。その性質上、必然的にインターネット上の記事の紹介が多くなりますが、当サイトで紹介する記事に関し著作権が発生する場合、権利は各記事の著作者等に帰属します。当サイト運営にあたり、著作権・肖像権等の扱いについては、適宜専門家等の指導を仰ぎつつ行うことで、健全な運営を心がけています。

2023年
1月17日

2023年~26年の助成金を受けることができなくなったイングリッシュ・ナショナル・オペラ(English National Opera。ENO)が、助成金の配分を決めるアーツ・カウンシル・イングランド(Arts Council England。ACE)と話し合った結果、2023年4月1日から1年間の助成金を得ることができるようになったと発表
助成金額は前年比9%減となる1146万ポンド。ENOは2023年~26年の助成金を受けるナショナル・ポートフォリオ組織(National Portfolio Organisation。NPO)の立場を失っていた。ENOは新シーズンのプログラムについて、いくつかの新プロダクションの延期を含む変更を余儀なくされるとしている
助成金カットに揺れるロンドンの劇場やシアター・カンパニー 

2023年
1月19日

■ウエストエンドで活動するパフォーマーたちが、賃上げの要求が受け入れられない場合、ストライキを行う可能性があると
演劇関係者のための労働組合、エクイティ(Equity)によると、エクイティはウエストエンドの商業劇場が加入するソサエティ・オブ・ロンドン・シアター(Society of London Theatre)に対して、1年目に17%、2年目にさらに10%の賃上げを要求している

2023年
1月31日

■イングランド北西部のオールダムにある劇場、オールダム・コロシアム(Oldham Coliseum)が、3月下旬以降に上演予定だったすべてのプロダクションを中止
同劇場は2023年~26年の助成金を受けるナショナル・ポートフォリオ組織(National Portfolio Organisation。NPO)の立場を失っている。同劇場の声明によると、同劇場は現在、助成金の配分を決定するアーツ・カウンシル・イングランド(Arts Council England。ACE)や地元自治体と、アーティストや制作パートナーたちとの契約を履行するための方法について話し合っているとのこと
▶︎LONDON劇場稼働状況

ページ上部へ戻る