劇場稼働状況LONDON2023年1月〜

2023年1月〜 | LONDON劇場稼働状況

【2023.01.04】
ヤング・ヴィック劇場(Young Vic)で上演されているミュージカル『マンデラ(Mandela)』が、カンパニー内に体調不良者が出たことにより、2022年12月13日~17日、20日~23日、28日~31日、2023年1月4日の公演を中止

【2023.01.25】
■ ピカデリー劇場(Piccadilly Theatre)で上演されている『ムーラン・ルージュ!ザ・ミュージカル(Moulin Rouge! The Musical)』が、カンパニー内に体調不良者が出たことにより、1月25日の昼公演を中止

【2023.01.31】
■イングランド北西部のオールダムにある劇場、オールダム・コロシアム(Oldham Coliseum)が、3月下旬以降に上演予定だったすべてのプロダクションを中止
同劇場は2023年~26年の助成金を受けるナショナル・ポートフォリオ組織(National Portfolio Organisation。NPO)の立場を失っている。同劇場の声明によると、同劇場は現在、助成金の配分を決定するアーツ・カウンシル・イングランド(Arts Council England。ACE)や地元自治体と、アーティストや制作パートナーたちとの契約を履行するための方法について話し合っているとのこと

主な劇場のサイトリスト


■ナショナル・シアター(NT)
https://www.nationaltheatre.org.uk/
■ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)
https://www.rsc.org.uk/
■シェイクスピアズ・グローブ
https://www.shakespearesglobe.com/
■ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)
ロイヤル・バレエおよびロイヤル・オペラの
本拠地
https://www.roh.org.uk/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2006年にロンドンで初演、オフ・ブロードウェイや東京でも上演された『トゥモロー・モーニング』が映画…
  2. ナショナル・ポートフォリオ組織(NPO)の立場を失ったイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)の…
  3. ナショナル・ポートフォリオ組織(NPO)の立場を失ったイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)の…
ページ上部へ戻る