主な出来事と舞台芸術界NEW YORK2020年3月〜

コロナカレンダーNEW YORK 2020年3月〜

①背景無色=社会の主な出来事、背景薄青色=舞台芸術界の動き。
②■=メディアによる記事などの二次資料、■が無いものは公式発表等の一次資料。
③各事項をクリックすると、リソースの記事や公式発表に移動します。
④政府による新型コロナウイルス感染拡大防止政策などは、基本的にニューヨーク州およびニューヨーク市を対象としたものです。
⑤劇場関連のニュースは、主にニューヨーク市に位置している劇場を取り上げています。
⑥リンク先は誰もが閲覧できるサイトを中心に選んでいますが、なかには登録や購読が必要なサイトもあります。その場合にはその旨を明記しています。
⑦主な出来事および舞台芸術界の動きは目立ったケースを任意に取り上げており、すべてを網羅するものではありません。
⑧当サイトは、時系列で事実関係のリソースを明示し、アーカイブ化することを目的としています。その性質上、必然的にインターネット上の記事の紹介が多くなりますが、当サイトで紹介する記事に関し著作権が発生する場合、権利は各記事の著作者等に帰属します。当サイト運営にあたり、著作権・肖像権等の扱いについては、適宜専門家等の指導を仰ぎ行うことで、健全な運営を心がけています。

2020年
3月9日

■ブロードウェイ・リーグはブロードウェイ続行を発表
ブロードウェイのプロデューサー、劇場主、北米ツアー都市のプレゼンターなどで形成される事業者団体ブロードウェイ・リーグ(The Broadway League)は、市や州から公演中止の指示は受けていないとし、引き続き公演を続けると発表した。
NEWYORK劇場稼働状況

■ディズニー作品はチケット売上が減少
3月8日終わりの週ごとの売上記録によると、業界全体では、前週の2610万ドルに比べ、2670万ドルと増加が見られたが、ミュージカル「ライオンキング」は、前週と比べ、22万8089ドルの減少が見られた

2020年
3月10日

プロデューサー、スコット・ルーディンは、自身が製作する作品のチケット割引を発表
プロデューサーのスコット・ルーディンは、3月12日(木)〜29日(日)の期間、自身が製作する『ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)』、『アラバマ物語(To Kill a Mockingbird)』、『ウエスト・サイド・ストーリー(West Side Story)』、『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない(Who’s Afraid of Virginia Woolf?)』、『リーマン・トリロジー(The Lehman Trilogy)』のすべてのチケットを各50ドルで販売することを発表した。

■俳優ユニオンのAEAは、コロナウイルス感染増加を受けて、オーディションのガイドラインを発表

■コロナウイルス感染増加の中、公演は続くものの、公演作品のチケット売上が低下

2020年
3月12日

■『ハリー・ポッターと呪いの子(Harry Potter and the Cursed Child)』サンフランシスコ公演は、サンフランシスコ市の集会規制を受け、キャパを1000に減少することを発表

■ニューヨーク市のコロナウイルス感染数が62を超え、ブロードウェイに対するルールを検討中とデブラジオ市長が発表

■クオモ州知事は、同日午後5時以降、4月12日まで500人を超える集会中止命令を発令 これにより、ブロードウェイ閉鎖を発表

ブロードウェイのプロデューサー、劇場主、北米ツアー都市のプレゼンターなどで形成される事業者団体ブロードウェイ・リーグ(The Broadway League)は、12日までの閉鎖の後4月13日より再開予定と発表

■ブロードウェイ過去の閉鎖の歴史を振り返る

■ブロードウェイ閉鎖を受け、俳優組合のAEAと音楽家の組合は、芸術コミュニティへ対する政府からの経済的支援を要求

■チケット会社のテレチャージ(Telecharge)、リンカーンセンターが、ブロードウェイ閉鎖を受けてチケット返金のポリシーを発表

■チケット会社のチケットマスター(Ticketmaster)が、ブロードウェイ閉鎖を受けてチケット返金のポリシーを発表

■チケット会社のトゥデイティックス(TodayTix)が、返金の代わりにチケット代110%のバウチャーを提供

■ブロードウェイ閉鎖を受け、多くのオフ・ブロードウェイ作品も公演中止

■ニューヨーク・シティ・センター(New York City Center)も直近の公演の中止を発表

■ オフ・ブロードウェイのシアターカンパニー、パブリック・シアター(The Public Theater)も4月12日まで公演中止を発表

■ オフ・ブロードウェイのシアターカンパニー、ニューヨーク・シアター・ワークショップ(New York Theatre Workshop)も4月12日まで公演中止を発表

■『ハミルトン(Hamilton)』ロサンゼルス公演、LAフィル・ハーモニック、ロサンゼルス・オペラなど、多くのロサンゼルス公演も中止、延期を発表

■『ビー・モア・チル(Be More Chill)』シカゴ公演、『ワンス・アポン・ア・ワン・モア・タイム(Once Upon A One More Time)』トライアウト公演、リリック・オペラ・オブ・シカゴ(Lyric Opera of Chicago)の『42ndストリート(42nd Street)』など多くのシカゴ公演も中止、延期を発表

■ワシントンDCもケネディ・センター(The Kennedy Center)をはじめとする劇場での公演を中止、延期を発表

■コロナウイルス感染拡大の影響で、『ザ・プロム(The Prom)』映画版の撮影休止

■メトロポリタン・オペラとカーネギーホールも3月31日まで公演中止を発表

■ブロードウェイ閉鎖を受けて、12日に公式オープンを予定していたブロードウェイ・ミュージカル『シックス(Six)』の批評掲載を延期

■ブロードウェイ閉鎖を受け、新作のオープニングおよびトニー賞への影響を懸念

NEWYORK劇場稼働状況

2020年
3月16日

■ブロードウェイのプロデューサー、劇場主、北米ツアー都市のプレゼンターなどで形成される事業者団体ブロードウェイ・リーグ(The Broadway League)は、ブロードウェイ閉鎖期間を8週間へ延長することを検討中

■コロナウイルスによるニューヨーク市への経済的大打撃を予測

■俳優組合のAEAはプロデューサーに対しオーディションの延期を要請

■カーネギーホール公演中止を5月31日まで延長

■メトロポリタン美術館は、メット・ガラ(Met Gala)の延期を発表
NEWYORK劇場稼働状況

■ブロードウェイ俳優でありシリウスXMラジオ(Serius XM)のMCのセス・ルデスキー(Seth Rudetsky)と彼の夫であるジェイムス・ウエスリー(James Wesley)は、ブロードウェイ俳優がゲスト出演するオンライン番組『スターズ・イン・ザ・ハウス(Stars in the House)』のローンチを発表

■ブロードウェイを中心に、プロフェッショナル劇場における女性の活動機会を支援する非営利団体、リーグ・オブ・プロフェッショナル・シアター・ウィメン(League of Professional Theatre Women)は、同団体のメンバーに対し、緊急支援ローンを提供(1人につき最大500ドル)

■劇作家、作曲家、作詞家が所属する著者のための組合、ドラマティスト・ギルド・オブ・アメリカ(The Dramatists Guild of America)は、他の組合に続き、政府からの経済的援助を要求

2020年
3月20日

■ すべてのブロードウェイ組合は、ブロードウェイ・リーグと、ブロードウェイ公演に出演中、または労働中だった組合員への支払いに合意
すべての組合員は、ブロードウェイ閉鎖となった3月12日の週は、最大でブロードウェイの組合契約上の最低給与の150%の支払いを受け、その後2週間は同契約の最低給与レートの支払いを受ける。なお、この支払い期間には、年金、および401K(確定対拠出年金制度)も含まれる。健康保険は4月12日までカバーされ、閉鎖が延長される場合は、再度協議を行う。

■ブロードウェイでプレビュー中の『ハングメン(Hangmen)』公式オープンしないまま公演終了と発表
ブロードウェイ閉鎖までに、ゴールデン劇場(Golden Theatre)でプレビュー公演を13回行い、3月19日に公式オープニングを予定していたが、かなわない形となった。
NEWYORK劇場稼働状況

2020年
3月21日

■ネットフリックス(Netflix)がブロードウェイのチャリティ団体アクターズ・ファンド(The Actors Fund)に100万ドルを寄付

■すべてのブロードウェイ組合が、ブロードウェイ・リーグと、ブロードウェイ作品の北米ツアー公演に出演中、または労働中だった組合員への支払いに関し合意
2020年9月20日まで、またはそれ以降まで公演が予定されていたツアーに関しては、ブロードウェイ公演と同様の契約内容。2020年9月20日以前に終わる予定だったツアーに関しては、最初の2週に関しては同内容、3週目の支払いはなし、でそれぞれ合意した。つまり、半年先までツアーが決まっていた者には3週間分、それより短期のツアー参加者には2週間分が支払われる。

■ブロードウェイ『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない(Who’s Afraid of Virginia Woolf?)』が公式オープンしないまま公演終了を発表
同作品は、ブロードウェイ閉鎖までにブース劇場(Booth Theatre)でプレビュー公演を9回行い、8月2日までの限定公演を予定していたが、再開がかなわないこととなった。
NEWYORK劇場稼働状況

2020年
3月24日

■ブロードウェイのチャリティ団体ブロードウェイ・ケアーズ/エクイティ・ファイツ・エイズが寄付金100万ドルを目指すキャンペーンに、20人以上のブロードウェイ・プロデューサーが集結して同額を追加で寄付をすることを約束
ジョーダン・ロス(Jordan Roth)、ダリル・ロス(Daryl Roth)、スコット・ルーディン(Scott Rudin)、ジェフリー・セラー(Jeffrey Seller)、デイヴィット・ストーン(David Stone)、ジョン・ゴア・オーガニゼーション(John Gore Organization)を含むブロードウェイ・プロデューサー有志は、ブロードウェイ・ケアーズ/エクイティ・ファイツ・エイズ(Broadway Cares/ Equity Fights AIDS)が募るコロナウイルス緊急支援資金(The COVID-19 Emergency Assistance Fund)(*2020年3月17日の記事を参照)に対し、共同で合計額をマッチングギフトとして寄付することを約束した。なお、これまでに同団体は57万ドル以上の寄付金を集めている。今回の協力で、同団体の当初の目標額だった100万ドルは、合計200万ドルへと増額した。

■劇作家のテレンス・マクナリー(Terrence McNally)が、新型コロナウイルスに伴う合併症のため死去

2020年
3月25日

■新型コロナウイルス経済救済金2兆ドルが上院を通過
このなかの特別失業保険は、通常は失業保険を申請できない個人事業主(フリーランスや自営業、個人請負業者)も含まれ、ブロードウェイ業界の労働者も受領可能となる。また、通常の失業保険額に週600ドルが上乗せされ、通常は最大26週分のところ、最大39週分まで受領可能となる。

2020年
3月26日

■ブロードウェイ再開の目処は未だ立たず

■舞台業界で働く縫製師、俳優などが『ブロードウェイ・リリーフ・プロジェクト(Broadway Relief Project)』と題し、医療関係者へのマスクやガウンを製作
当初はマスクのみの予定だったが、医療ガウンの製作まで活動を広げ、1000万着の医療用ガウンの製作を請け負った。ブロードウェイ作品が多用するリハーサル・スタジオ、オープン・ジャー・スタジオ(Open Jar Studios)は、スタジオを製作の場として提供。500人以上の舞台関係者が同プロジェクトに参加している。

■ニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)は、コロナ禍で春のシーズンのキャンセルを発表
ダンサー、ミュージシャンをはじめとする従業員には、シーズン終了予定だった5月31日まで給与が支払われる

■リンカーン・センター・シアター(Lincoln Center Theater)が、夏のシーズンの公演中止を発表
NEWYORK劇場稼働状況

2020年
4月3日

2020年
4月7日

■オフ・ブロードウェイ、オフオフ・ブロードウェイの功績を称えるオビー賞(The Obie Awards)が、 授賞式をオンラインで行うことを発表
従来の授賞式は5月18日を予定されていたが、オンラインの日程は未定。また、オンラインへの切り替えでコストが削減された分は、アーティストへの緊急助成金に使用。
■25万ドルの助成金が、オビー賞の対象となるはずだった90のオフ・ブロードウェイおよびオフオフ・ブロードウェイ作品に関わったアーティストに500ドルずつ支給される

■ピューリッツァー賞(Pulizer Prize)が授賞式をオンラインで行うと発表 
当初4月20日の予定が5月4日3PMに。pulizer.orgで配信。

■マンハッタン・シアター・クラブ(MTC)が、4月に開幕予定だった『ハウ・アイ・ラーンド・トゥ・ドライブ(How I Learned to Drive)』の延期を発表

■ 4月7日に開幕を予定していた『キャロライン、オア・チェンジ(Caroline, or Change)』のカンパニーは、代わりにバーチャルでのパーティーを開催

■ブロードウェイ・ミュージカル『ブック・オブ・モルモン(The Book of Mormon)』の北米ツアーの2つ目のカンパニー(Jumamosi Company)が公演終了を発表 コロナ禍での中止から再開せず
NEWYORK劇場稼働状況

■プレイビル(Playbill)が、2017年に上演されたブロードウェイ・ミュージカル『バンドスタンド(Bandstand)』の公演映像を配信
6.99ドルで4月17日まで。収益の一部はブロードウェイのチャリティ団体アクターズ・ファンド(The Actors Fund)へ寄付される。

2020年
4月8日

ブロードウェイ・リーグ(The Broadway League)が、ブロードウェイ閉鎖を2020年6月7日まで延長することを発表

■ブロードウェイ・ミュージカル『ビートルジュース(Beetlejuice)』が、ウィンター・ガーデン劇場での再開はないと発表 他のオプションを考慮
6月7日にクローズ予定だったが、ブロードウェイ閉鎖の延長を受け、ウィンター・ガーデン劇場では再開しないことを発表。他の劇場での再開も視野に入れて検討を続けるとした。ウィンター・ガーデン劇場は、次に『ミュージック・マン(Music Man)』の上演が決まっている。
NEWYORK劇場稼働状況

クオモ知事が、ライブ・エンターテイメント会場の再開について、ブロードウェイの現在の再開日をガイドラインにしないようにと注意喚起

ブロードウェイ、オフ・ブロードウェイ、オフオフ・ブロードウェイの功績を称えるドラマデスク賞(65th Annual Drama Desk Awards)が、授賞式をオンラインで行うことを発表
4月21日に各候補を発表し、5月31日にデジタル授賞式を行う。

■Broadway.comで配信された故テレンス・マクナリー(Terrence McNally)著『リップス・トゥゲザー、ティース・アパート(Lips Togeter, Teeth Apart)』のオンライン・チャリティ・リーディングが75,000ドルの寄付金を集めた
昨今新型コロナウイルスに伴う合併症で亡くなったテレンス・マクナリー氏の功績を称え行われたリーディングには、ジェシー・タイラー・ファーガソン(Jesse Tyler Ferguson)、シリア・キーナン・ボルガー(Celia Keenan-Bolger)、ザッカリー・クイント(Zachary Quinto)などが出演し、集められた75,000ドルの寄付金は、ブロードウェイのチャリティ団体ブロードウェイ・ケアーズ/エクイティ・ファイツ・エイズ(Broadway Cares / Equity Fights AIDS)のコロナウイルス緊急支援資金(The COVID-19 Emergency Assistance Fund)へ寄付される。

■芸術分野のアーティストのための新たな助成金プログラム「アーティスト・リリーフ(Artist Relief)」が設立
初期資金は、アンドリュー・M・メロン財団からの500万ドルの寄付を含む1000万ドルで、新型コロナウイルスで影響を受けたアーティストの申請者に対し、1人5000ドルずつ助成金が配布される予定。
アーティスト・リリーフ(Artist Relief)オフィシャルサイト

■国立芸術基金(NEA:National Endowment for the Arts)が、米政府による新型コロナウイルス経済救済法(Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security (CARES) Act)からの助成金7500万ドルの、芸術団体への支給ガイドラインを発表

■ブロードウェイのチャリティ団体アクターズ・ファンド(The Actors Fund)が、ニューヨークベースでの助成金プログラムの情報や申請のサポートを行うファイナンシャル・ウェルネス・プログラムを提供 バーチャルでのセッションも受講可能

2020年
4月11日

■ブロードウェイのチャリティ団体 ブロードウェイ・ケアーズ/エクイティ・ファイツ・エイズ(Broadway Cares / Equity Fights AIDS)企画のオンライン・チャリティ・イベントが延期に ミュージシャンの組合と合意に至らず
ブロードウェイ・ケアーズ/エクイティ・ファイツ・エイズ(Broadway Cares / Equity Fights AIDS)は、昨年11月に行われたディズニーのブロードウェイ25周年コンサートをストリーミングして寄付金を募るオンラインでのチャリティ・イベントを12日に計画しており、舞台俳優・舞台監督の組合AEAおよび映像俳優の組合SAG-AFTRAから許可を得ていたが、ミュージシャンの組合、アメリカン・フェデレーション・オブ・ミュージシャン(American Federation of Musicians)との合意に達することができず、イベントは延期となった。

2020年
4月14日

■先週に続き、ブロードウェイの劇場群が「#LightItBlue」キャンペーンに参加
毎週木曜日8PM-8:15PMに医療従事者への感謝を込めて、ニューヨーク市内のランドマークや電子広告などで感謝のメッセージや青く照明を照らす「#LightItBlue」キャンペーンに、継続的に参加することを表明。

■ブロードウェイのチャリティ団体ブロードウェイ・ケアーズ/エクイティ・ファイツ・エイズ(Broadway Cares/ Equity Fights AIDS)が募るコロナウイルス緊急支援資金(The COVID-19 Emergency Assistance Fund)に、有志のプロデューサーが新たに寄付金100万ドルをマッチングギフト
先月行われた100万ドルを目指すキャンペーンでは、有志のプロデューサー陣が同額のマッチングギフトを行い寄付金200万ドルを突破したが(2020年3月24日の記事を参照)、300万ドルを目指すべく、ソニア・フリードマン(Sonia Friedman)、マーラ・アイザックス(Mara Isaacs)、ケビン・マッコロム(Kevin McCollum)などの新たな有志プロデューサー陣が手を挙げた。

■ブロードウェイのチャリティ団体アクターズ・ファンド(The Actors Fund)への緊急支援金の申請は過去1ヶ月で1万人
同団体はこれまでに1400万ドルの寄付金を集めたが、業界で失職し支援を必要とする人からの需要と比べると3割不足していると発表 

2020年
4月28日

■トニー賞受賞のブロードウェイ俳優のブライアン・ストークス・ミッチェル(Brian Stokes Mitchell)が自宅窓から歌声を披露
ブライアンは4月1日にはコロナ陽性診断も受けたが、自宅療養を経て、「ニューヨークの医療従事者への感謝を込めて歌う」とコメント

■ フランス発のミュージカル『ノートルダムの鐘(Notre Dame de Paris)』のニューヨーク・プレミア公演を2022年に延期
リンカーンセンターのデイヴィッド・H・コーク劇場で9月に予定されていたが、2022年7月13日〜17日へと延期となった
NEWYORK劇場稼働状況

ページ上部へ戻る