主な出来事と舞台芸術界SEOUL2021年4月〜

コロナカレンダーSEOUL 2021年4月~

①背景無色=社会の主な出来事、背景薄紫色=舞台芸術界の動き。
②■=メディアによる記事などの二次資料、■が無いものは公式発表等の一次資料。
③各事項をクリックすると、リソースの記事や公式発表に移動します。
④劇場関連のニュースは主にソウルに位置している劇場を取り上げています。
⑤リンク先は誰もが閲覧できるサイトを中心に選んでいますが、なかには登録や購読が必要なサイトもあります。その場合にはその旨を明記しています。
⑥主な出来事および舞台芸術界の動きは目立ったケースを任意に取り上げており、すべてを網羅するものではありません。
⑦当サイトは、時系列で事実関係のリソースを明示し、アーカイブ化することを目的としています。その性質上必然的にインターネット上の記事の紹介が多くなりますが、当サイトで紹介する記事に関し著作権が発生する場合、権利は各記事の著作者等に帰属します。当サイト運営にあたり、著作権・肖像権等の扱いについては、適宜専門家等の指導を仰ぎつつ行うことで、健全な運営を心がけています。

2021年
4月22日

■俳優ユ・ジュンサン 韓国ミュージカル協会に1億ウォンを寄付
韓国ミュージカル産業の発展と長期化するコロナ禍において、ミュージカル人たちが舞台を守り続けることを願って

2021年
4月23日

■公演界コロナにまた泣き顔 5月18日開幕のミュージカル『ドラキュラ』の稽古に参加中の俳優ソン・ジュンホが陽性判定
同作品との兼業スタッフがいる『ラ・マンチャの男』とソン・ジュンホの妻で俳優キム・ソヒョンが出演している『ファントム』が23日の公演を中止。 関係者一斉検査の結果により公演再開

2021年
4月24日

■ミュージカル『ドラキュラ』に出演予定のキム・ジュンス コロナ19検査結果は陰性だが自主隔離へ
5月5日まですべてのスケジュールを中断。同じくシン・ソンロクとミン・ウヒョクも陰性結果を受けて自主隔離へ

■ソン・ジュンホの妻キム・ソヒョン コロナ19陰性だが2週間の自主隔離へ
『ファントム』キャスティング編成変更。関係者全員陰性で公演再開へ

2021年
4月26日

■政府 感染者数800人越えを憂慮し 本日から来月2日までの一週間を特別防疫管理週間と宣布

2021年
5月27日

■ワクチン1回目接種者のノーマスクなど7月から防疫緩和の政府発表に憂慮の声も
防疫当局は「ワクチン接種に関係なく2mの距離を置くことが難しい場合や集会・公演・行事など多くの人が集まる場合にはマスク着用を義務化する」と強調

2021年
6月11日

■中央災難安全対策本部が「社会的距離の確保」現行レベルと5人以上の集まり禁止措置を7月4日までさらに3週間延長と発表(日本語記事)
スポーツ競技や公演鑑賞など感染リスクの低い文化活動については、段階的に参加可能人数を拡大する予定

2021年
6月14日

世宗文化会館が感染予防ワクチン接種完了者を対象に自主制作公演ならびに展示の観覧料を最大30%割引で発売すると発表
現在公演中の演劇『完璧な他人』から開始 年末のソウル市国楽管弦楽団の『送年音楽会』まで(公式サイト記事)
▶︎SEOUL劇場稼働状況

2021年
6月20日

■政府が7月から「社会的距離の確保」を従来の5段階から4段階に簡素化すると発表
現状首都圏は第2段階となり私的な集まりは8人まで可能 昨年12月からの「5人以上の集まり禁止」措置は解除となるが最初の2週間(7/1〜7/14)は「6人まで」と履行期間を設ける(日本語記事)

ページ上部へ戻る