ブロードウェイの公演中止に伴う保険金支払い

OUTLINE【2021.02.08】

&nbsp
  コロナウイルスにより、プレビュー公演中に公演が中断されたブロードウェイ・ミュージカル『カンパニー(Company)』リバイバル公演の製作母体である合同会社が、保険会社チャブ(Chubb)から885万ドルを受領。

一方で、ブロードウェイの劇場主のうち3番目に大きいジュジャムソン・シアター(Jujamcyn Theater)は、現在も同保険会社チャブと訴訟中。

非営利のカンパニーでブロードウェイ劇場を3つ運営し、ブロードウェイ・ミュージカル『キャロライン・オア・チェンジ(Caroline or Change)』リバイバル公演を控えていたラウンドアバウト・シアター・カンパニー(Roundabout Theatre Company)は、2019-2020年度の監査済財務諸表によると、公演中断保険として500万ドルを受領し、PPPローン(米連邦政府による給与保護プログラム)を540万ドル受領したことから、公演中断前の収益、寄付、出資による利益を合わせ、純資産は4%の減少で済んだ。

同じく非営利のブロードウェイ劇場であるリンカーン・センター・シアター(Lincoln Center Theater)も、2019-2020年度の純資産は4%減少、330万ドルの保険金、および370万ドルのPPPローンを受領したが、業界内の他社と同様、スタッフの解雇、及び残ったスタッフ給与減少対応を強いられている。

ブロードウェイ・ミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)』、『ヘイディズタウン(Hadestown)』、『ガール・フロム・ノース・カントリー(Girl from North Country)』、『カム・フロム・アウェイ(Come From Away)』の製作母体である合同会社もそれぞれ保険金を受領とされる。(MK)

(以下、記事のアクセスにはメンバー登録(無料)が必要)

http://broadwayjournal.com/insurance-keeps-company-come-from-away-alive-as-jujamcyn-fights-chubb-snub/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021年9月〜 | NEWYORK劇場稼働状況 【2021.09.02】 ■ブロード…
  2. OUTLINE【2021.07.11】 7月12日からの「社会的距離の確保」第4段階における劇…
  3. OUTLINE【2021.06.18】 2021年1月8日~3月20日まで続いた2回目の緊急事…
ページ上部へ戻る