演劇の灯を消すな!コロナ対策日記【PARCO劇場】(「join」より )

REPORT【2020.03.31】

『ピサロ』をオープニングシリーズ第一弾に掲げた新生PARCO劇場は、2020年3月のコロナを巡る国や都の要請に翻弄されながら、果敢に上演を目指し続けた。当時の担当プロデューサー毛利美咲さん(2021年3月まで㈱パルコに勤務)による「コロナ対策日記」(日本劇団協議会の広報誌『join』より)は、その激しく生々しい闘いの記録だ。なお同公演は2021年5月に再演が予定されている。(ND)
https://stage.parco.jp/program/pizarro2021/

「join[ジョイン]No.97」2020年7月(公益社団法人 日本劇団協議会)http://www.gekidankyo.or.jp/book/join/90/90_097.htmlより転載
下記、画像クリックで拡大します。*無断転載、ダウンロード禁止

<join[ジョイン]No.97:2>

<join[ジョイン]No.97:1>

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022年1月〜 | NEWYORK劇場稼働状況 【2022.01.01】 ■ブロード…
  2. REPORT【2021.12.24】 第4回 コロナ感染対策編 オミクロン株の猛威で公演キャン…
  3. OUTLINE【2021.12.08】 悲痛な年末の公演界:感染者急増による公演の混乱、隔離免除中…
ページ上部へ戻る