劇場稼働状況LONDON2021年5月~

2021年5月~ | LONDON劇場稼働状況

【2021.05.06】
■ウエストエンドのケンブリッジ劇場(Cambridge Theatre)で9月16日からミュージカル『マチルダ・ザ・ミュージカル(Matilda the Musical)』が再開

【2021.05.10】
■マシュー・ボーンの新作『ザ・ミッドナイト・ベル(The Midnight Bell)』が、9月9日からイングランド南西部チェルトナムのエヴリマン劇場(Everyman Theatre)を皮切りにツアー開始
英各地をツアー後、10月4日~9日にはロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場(Sadler's Wells Theatre)で上演される。パトリック・ハミルトン(Patrick Hamilton)の同名小説に着想を得た作品で、1930年代のロンドン、ソーホーにあるパブが舞台となる

【2021.05.17】

■イングランドで5カ月ぶりに劇場再開が可能に ソーシャル・ディスタンシングのルールを守らねばならず、マスク着用義務や収容人数制限もあり(1000人または50%のうち、人数の少ない方が適用)

■ロイヤル・コート劇場(Royal Court Theatre)が6月16日から劇場再開 延期されていた4つのプロダクションとともに、キャリル・チャーチル(Caryl Churchill)の新作短編『ホワット・イフ・イフ・オンリー(What If If Only)』も上演予定

【2021.05.20】
■ミュージカル『ティナ:ザ・ティナ・ターナー・ミュージカル(TINA – The Tina Turner Musical)』が7月28日からウエストエンドのオルドウィッチ劇場(Aldwych Theatre)で公演再開

【2021.05.21】
アルメイダ劇場(Almeida Theatre)が2021年シーズン発表。できる限り多くのプロダクションを撮影して配信する計画と
映像分野で活躍するシアーシャ・ローナン(Saoirse Ronan)がジェームズ・マカードル(James McArdle)と共にヤエル・ファーバー(Yaël Farber)演出『マクベス(The Tragedy of Macbeth)』に出演。ローナンはこれが英国の舞台デビューとなる。9月25日~11月20日上演。そのほか、11月30日~2022年1月22日には同劇場の芸術監督であるルパート・グールド(Rupert Goold)演出でミュージカル『春のめざめ(Spring Awakening)』が上演予定

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)がヒラリー・マンテル(Hilary Mantel)の小説『ウルフ・ホール(Wolf Hall)』3部作の最後を飾る『鏡と光(Mirror and the Light)』を舞台化 9月23日からウエストエンドのギールグッド劇場(Gielgud Theatre)で上演
同カンパニーはこれまで第1部の『ウルフ・ホール』と第2部の『罪人を召し出せ(Bring Up the Bodies)』を舞台化している。『鏡と光』では、マンテルとトマス・クロムウェル役を続投するベン・マイルズ(Ben Miles)が脚色を手掛ける。ジェレミー・ヘリン(Jeremy Herrin)が引き続き演出を担当

■エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)が約10年ぶりにウエストエンドの舞台に 11月から上演予定のミュージカル『キャバレー(Cabaret)』にジェシー・バックリー(Jessie Buckley)と共に出演する 演出はレベッカ・フレックナル(Rebecca Frecknall)

【2021.06.02】
■8月7日~29日にスコットランドのエディンバラで開催されるエディンバラ国際フェスティバルのプログラムが発表。音楽関連プログラムが多く、演劇やダンス作品は少なめ
今年の同フェスティバルは、新型コロナウイルス感染対策のために野外に設置されるパビリオン形式のべニューで開催される。また、今回初めて、オンライン配信が行われることに。21のプロダクションが無料で配信予定。演劇関連では、アイルランドの劇作家、エンダ・ウォルシュ(Enda Walsh)の新作『メディスン(Medicine)』や、スコットランド出身の俳優、アラン・カミング(Alan Cumming)によるソロ・ショー『アラン・カミング・イズ・ノット・アクティング・ヒズ・エイジ(Alan Cumming Is Not Acting His Age)』などが上演される
エディンバラ国際フェスティバルの公式サイト

【2021.06.04】
ナショナル・シアター(National Theatre。NT)が夏から2022年春までのプログラムを発表 10月には2020年3月以来、初めて3つの劇場がすべて観客を入れた公演を行うことに
コロナ禍で延期になっていたラリー・クレイマー(Larry Kramer)作『ノーマル・ハート(The Normal Heart)』やモイラ・バフィーニ(Moira Buffini)の新作『マナー(Manor)』に加え、マハトマ・ガンディーの暗殺者に焦点を当てたアヌパマ・チャンドラセカール(Anupama Chandrasekhar)の新作『ザ・ファーザー・アンド・ジ・アサシン(The Father and the Assassin)』や、『眠れる森の美女』を基に、NTの芸術監督であるルーファス・ノリス(Rufus Norris)が演出と歌詞を手掛ける新作ミュージカル『呪い(Hex)』などが上演される。また、NTで上演された『デス・オブ・イングランド(Death of England)』と『デス・オブ・イングランド:デルロイ(Death of England: Delroy)』に続くシリーズ3作目『デス・オブ・イングランド:フェイス・トゥ・フェイス(Death of England: Face to Face)』が映像作品として制作され、英国内においてスカイ・アーツ(Sky Arts)で放送予定。これまで同様、クリント・ダイア(Clint Dyer)とロイ・ウィリアムズ(Roy Williams)による共作でダイアは演出も兼ねる

【2021.06.14】

■イングランドで6月21日に予定されていたロックダウン(都市封鎖)緩和が4週間延期されることに 第4段階にして最後となるこの緩和では、ソーシャル・ディスタンシングの規制が解除され、劇場における観客の人数制限がなくなる予定

■ボリス・ジョンソン英首相がアンドリュー・ロイド・ウェバーの新作ミュージカル『Cinderella(シンデレラ)』に関し、延期が決まったロックダウン(都市封鎖)の規制緩和前にパイロット・イベントとして上演する可能性についてロイド・ウェバーと“話し合い”を行うと
『シンデレラ』は、ロックダウンの規制緩和の第4段階が行われる予定だった6月21日の直後に、観客の人数制限なしでプレビューが開始されることになっていた

【2021.06.17】
■ロンドンにあるメニエー・チョコレート・ファクトリー(Menier Chocolate Factory)が9月から劇場再開。小スタジオも10月に新オープンすると
劇場再開第1弾となるのは、2020年3月のロックダウン(都市封鎖)時にプレビュー中だったポーラ・ヴォーゲル(Paula Vogel)作『インディーセント(Indecent)』。小スタジオでは10月、ハリー・ピーコック(Harry Peacock)とダン・スキナー(Dan Skinner)のポッドキャストを基にしたコメディ『ブライアンとロジャー:ア・ハイリー・オフェンシヴ・プレイ(Brian and Roger – A Highly Offensive Play)』が上演される

【2021.06.18】
■アンドリュー・ロイド・ウェバーの新作ミュージカル『Cinderella(シンデレラ)』が6月25日からソーシャル・ディスタンシングのルールに則り、収容率50%で上演
ロイド・ウェバーは、ボリス・ジョンソン英首相が提案したように「別のパイロットに参加することはできないし、しない」とする声明を発表。ジョンソン首相は14日、『シンデレラ』上演に際し、収容人数の上限を増やすためにパイロット・スキームに加えることを示唆していた

■=メディアによる記事などの二次資料■が無いものは公式発表等の一次資料

主な劇場のサイトリスト


■ナショナル・シアター(NT)
https://www.nationaltheatre.org.uk/
■ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)
https://www.rsc.org.uk/
■シェイクスピアズ・グローブ
https://www.shakespearesglobe.com/
■ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)
ロイヤル・バレエおよびロイヤル・オペラの
本拠地
https://www.roh.org.uk/

関連記事

ピックアップ記事

  1. OUTLINE【2021.06.18】 2021年1月8日~3月20日まで続いた2回目の緊急事…
  2. OUTLINE【2021.04.26】 特別防疫管理週間における感染拡大防止対策(記事抜粋)(…
  3. 2021年5月〜 | NEWYORK劇場稼働状況 【2021.05.03】 ■ABT(…
ページ上部へ戻る